リセット
ケーブル配線

ブレーキケーブルとギアケーブルは通常、チューブの外側の突起を用いてバイクフレームに取り付けられます。これを外部配線と言います。

最近のテクノロジーの発展により、メーカーはチューブ内部にケーブルを配線することが可能になっています。これを内部配線と言います。内部配線の場合は外見が大変すっきりとし、チャンネル数が多いためフレームの剛性が向上します。また、エアロダイナミックな利点が提供される場合もあります。

フルサスペンションバイクやシクロクロスバイクなどの場合、インナーを泥や水、不測の損傷などから保護するため、メーカーはアウターケーブルとケーブルの全長を利用します。これをフルアウターと言います。

モデルイヤー
モデルの製造年(モデルイヤー)

主要なメーカーは毎年新しいバイクのシリーズを製造します。モデルの製造年によりそのシリーズを見分けることができます。進展する技術、業界の傾向、お客さまよりの要望により毎年作り出されるシリーズのバイクスタイル、機能が決まります。

Bikes