持続可能性

環境に優しいテクノロジーを採用し、性能と環境への配慮を両立させたアウトドア用品やランニング用品、サイクル用品が増えてきました。

こうした技術革新を背景に、ブランドやメーカーは新技術や素材を採用して、私たちが彼らの商品を使用して探検する環境を保護することに役立てています。Wiggle は、ブランドやメーカーが使用する生地や採用するプロセスなどにより、品質と持続可能性の両方を提供することを推奨しています。Wiggle の持続可能性シリーズは、私たちが環境に影響を与えることなくスポーツを楽しめる、こうしたブランドに光を当てています。

ICEBREAKER

25 年にわたり、icebreaker は合成ではなく天然の素材をベースにした高性能ウエアを提供し、自然がもたらすものに連動し、自然に適応してきました。icebreaker は、消費者が天然素材へと向かう動きに参加し、今後何世代にもわたって地球を維持することを可能にします。

倫理的に調達されたメリノウールは、素材自体に透湿性、温度調節機能、防臭性があり、最高に快適なウエアを提供します。

ICEBREAKER

25 年にわたり、icebreaker は合成ではなく天然の素材をベースにした高性能ウエアを提供し、自然がもたらすものに連動し、自然に適応してきました。icebreaker は、消費者が天然素材へと向かう動きに参加し、今後何世代にもわたって地球を維持することを可能にします。

倫理的に調達されたメリノウールは、素材自体に透湿性、温度調節機能、防臭性があり、最高に快適なウエアを提供します。

Föhn

2019 年に英国を本拠地として小さなチームが創立されて以来、環境に対して同じく意欲的な有名生地メーカーと密接に連携し、環境に優しいウエアの設計と開発に何年も費やしてきました。

フリースには 100% リサイクルされた生地を、ベースレイヤーには天然メリノウールを、また最新のジャケットやベストには 100% リサイクルされたナイロンシェルを採用。Föhn は、完全に持続可能なブランドを目指し、絶え間ない努力を続けています。

OSPREY

Osprey チームは、世界で最も進歩的で率直な、環境に優しいアウトドアブランドを目指しています。

原材料から化学的なベンチマーク、進歩的な工場の行動規範、商品の耐用期間を延長する修理プログラムまで、Osprey はビジネスのあらゆる側面を検討し、環境への影響を可能な限り軽減することに力を注いでいます。

「生態系のバランスを維持するため、天然資源の枯渇を回避する。」

持続可能性; 名詞

DHB

dhb は、常に正しい選択をすることを心がけています。長持ちするスポーツウエアを開発したり、bluesign® 承認済みの生地やメリノウールなどの天然繊維をより多くのウエアに採用するなど、環境への理解を深め、影響を軽減することに力を注いでいます。

2021 年、dhb はパッケージに再生ポリバッグや完全に堆肥にできる生分解可能なタグなどを採用し、100% リサイクル可能にしました。持続可能性の面でリーダーとは言えませんが、dhb は瞬時に学び、正しいことを行うよう熱心に取り組んでいます。

ADIDAS

スポーツを通じてより多くの人と連帯し、より環境に優しい世界を作り出す。adidas は、2015 年以来エコ・イノベーションコラボレーターである Parley と共同で、プラスチック汚染を減らすことに取り組んでいます。

最新 PrimeBlue/PrimeGreen シリーズには、高性能リサイクル素材が採用され、一部 Parley Ocean Plastic で製作されており、環境に優しく長持ちするランニングウエアやフットウエアに仕上がっています。

環境に配慮したブランドを見る